試しに出会い系の掲示板を使ったらセフレを作ることに成功した

image173

私は37歳、神奈川県に住んでいる男性です。
私は結婚していますが、最近つまらなく感じていました…家庭生活が平穏で、なんの問題もありません。

しかし、この安定が不安になってくるものです。
他の若い女の子と出会って、体の関係になって、熱い恋愛を楽しんでみようと思いました。
私はまだ30代です。このまま終わりたくはありません。

出会い系サイトでお馴染みのイククルの出会い系アプリを使って、かわいい女の子と知り合いになろうと思いました。

出会い系アプリには様々なものが出ています。
その中でも、イククルのアプリをインストールしました。
その理由として、イククルはセフレ掲示板の活用法にも紹介されており、出会い系サイトの中でも評判が高く、利用者も多く、サクラも少ないということが挙げられます。
このような信頼できるイククルのアプリなら、インストールしても大丈夫だろうな、と思いました。

しかし、インストールをする場合には注意してください。
イククルに似せた様々な紛らわしいアプリがあるので、イククルの公式なものをインストールしてください。

イククルのアプリをインストールしてから、1ヶ月ぐらい経過しました。無事に1人の女性と知り合うことができました。
イククルのアプリを利用して、相手が悩みを聞いたり、自分のことを打ち明けたりしているうちに、信頼関係が築けていたようです。
横浜駅前で待ち合わせをしました。

本当に女の子が来るのかどうか不安もありましたが、無事に女の子やってきました。
見た目がアイドルのような感じでした。
年齢を聞いたら21歳でまだ若いです。

大学生をしていて、大学生活を楽しんでいると話していました。
学校の男子は子供っぽいので、年上の人とつき合ってみたいと話していました。
見た目がかわいいので、モテそうな感じですが、こんなにかわいい女の子でも出会い系アプリを使っているんだなと感慨深く感じました。

横浜駅前のそごうで、ウィンドウショッピングを楽しんだり、ギターの好きな私は山野楽器で、彼女と一緒にいろいろな楽器を見て、そのあとで食事をしました。
その日は食事だけで終わりました。連絡先を交換して、今では家族に内緒でお付き合いを重ねています。

イククルのアプリを使って彼女と知り合って、今では体の関係にもなっています。
妻とは体の関係が全くなくなっているので、急に冷たくなったと思われることもありません。

インターネット上の出来事なので、家族にもばれていません。
このまま、今の関係を続けていきたいです。
30代に刺激がほしいなと思っているサラリーマンの方々に、イククルの出会い系アプリは、最高の存在だと思いました。

セフレを探す時に便利な掲示板使ったら速攻エロい女来たwww

image121

東京都在住、35歳の男です。

私がよく利用する出会い系サイトは、ワクワクメールです。他にも登録している出会い系サイトはいくつもありますが、使う回数で言うとワクワクメールが一番多い感じです。

ワクワクメールの何がいいかというと、アラート機能です。
これによって、ターゲットにしている女性が掲示板に書き込みをすると、すぐさまメールで教えてもらえるのです。

いつも出会い系サイトの掲示板に張り付くことは出来ないので、この機能には本当に助けられています。

もし掲示板に書き込んだことを見逃していたら、多分会えなかっただろうなという上玉が少なくとも5人はいます。
というのも上玉ほど競合が激しいので、掲示板を見逃せば他の男性会員に持っていかれてしまってただろうなと思うからです。
逆に言えば、掲示板の書き込みにすぐ反応してあげると、それだけ点数が稼げて、会える確率はぐっと高くなります。

前置きが長くなりましたが、その中の1人に栃木にお住まいのNさんがいました。
Nさんは旦那さんと学生結婚をしてからずっと、栃木に住んでいるのだそうです。ご主人は県庁勤務の公務員さんで、子供は二人、中学生と小学生でした。

早くから旦那さんとはセックスレスであることを聞かされていました。
旦那さんにしてくれない理由を聞いても答えてくれないと言う時の返事は、メールの中からももどかしさが伝わって来るような感じで、寂しさやるせなさが滲んでいました。

しかし、だからといって簡単にやらせてくれるかというと、そうは行かないのが上玉です。
まず、会う約束を取り付けるまでが大変でした。
何しろ気まぐれな人でしたから。

3ヶ月くらいメールが着たり途絶えたりしてから、ようやく会うことが出来るまでになりました。
ただ、いつも冗談半分みたいなメールをして来るので、実際に会うまではすべてが半信半疑でした。

とにかく銀座に用があるというので、待ち合わせたのは銀座4丁目の交差点の角、和光の前にしました。

すっぽかされるのを覚悟で約束の時間に出向くと、ちゃんといたことに意外な感じがしましたが、何よりメールと全く印象が違い、案外まともそうなことに驚きました。

よく見ると40歳には思えないくらい肌がきれいで、スタイルもよく、これは本人の自己申告より上玉だと思いました。

しかし、私はその日は先に書いたようにすっぽかされると思い、会えるとは予想していませんでしたから、前の晩深酒していて、とても臨戦態勢にありませんでした。
そんなこともあって、その日はみゆき通りに面した喫茶店で話しをしただけですぐ別れました。

二日後だったでしょうか、年だから形が崩れているけどいい?といってフルヌードの写真が送られて来たのは。
一週間して改めて上野で落ち合いました。
上野公園を抜けてそのまま湯島のラブホに入りました。

出会い系でセフレ作ろうと思ったら熟女に出会って災難な目に

image131

私は東京都在住の35歳になる自営業者です。

出会い系サイトでよく言われるサクラや業者の存在を聞いてはいても、自分自身ではその被害に遭った経験がないため、噂に過ぎないものと聞き流していた矢先、ある聞き覚えのない出会い系サイトで立て続けに3回も嫌な思いをしてから、やはり使うなら大手の優良サイトでなければ駄目だなと思い、サクラなしといわれるPCMAXに登録しました。

そうはいってもさすが出会い系サイトですから、業者らしきところからメールが来ることもあれば、明らかにサクラっぽい女性からメールが来ることはありました。

しかし、出会い系サイト運営者が自らサクラをしまくる弱小サイトとは違い、はるかに許せる範囲内でしたので、そのまま使っています。
結果として、大して嫌な思いをすることなく、私の性癖にほぼ完璧に合う理想といえる女性と知り合うことが出来ました。

お相手は四国に住む49歳の熟女さんでした。
最初から遠距離になることが分かりきっていましたが、むしろ始終会わなくて済む分、付き合い出してからも楽に管理出来るのではないかという計算もあり、そのままメール交換を続けました。

3週間位してから、これからお風呂に入るとか、これから着替えるからチョット中断みたいなメールが入るようになり出し、熟女さんの裸体を想像しては股間を膨らませていました。

一月位すると、定期的に東京に来る用があることを教えてくれるようになり、会いましょうと誘うと、了解してくれました。
熟女さんは実は大学院生だったのです。
一度卒業しているお茶の水にある母校の大学院に通い、博士号の取得を目指していたのです。

それで毎週一度のペースで上京していたのです。
久しぶりのお茶の水でしたが、まるで土地勘がない街でもありませんから、授業終了後の夕方、神保町の三省堂書店の前で待ち合わせました。

時間通りに現れた熟女さんを見るなり竿がしなりました。
往年のポルノ女優そっくりな顔立ちがたまりませんでした。

三省堂から近い小さなレストランを予約していたのでまず食事をしました。

店に客はもう一組いましたが、学生同士といった感じの若いカップルで会話に夢中でしたから、こちらを気にする風はありませんでした。
それで私は食事中、してみたかった行動に出ました。ナプキンをわざと床に落とし、拾う振りをしてテーブルの下を覗き込んだのです。

ストッキングに包まれた足は49歳とは思えないキレイさでした。
思わず生唾を飲み込みました。

店を出てすぐタクシーを拾い、皇居の外堀で下ろしてもらいました。

夜の外堀に人影はありません。熟女さんの肩を抱きながら歩き、メールで約束していたキスをせがむと、目を瞑ってくれました。
熟女さんの口からはじめて、旦那さんが何年も寝たきり状態であることを聞かされました。

外堀に沿った坂を上ると熟女さんの定宿がありました。
シングルルームに二人で入るのはまずいとは思いちゅうちょしていると、折りよく他の宿泊客の対応でフロントの手がふさがりました。
今だと思いエレベーターに二人で乗り込みました。

東京の出会い系で出会ったのはエロいオーラ満々の人妻だった

image155

東京都の35歳です。

ハッピーメールで美味しい思いをしたときの思い出は今も鮮烈です。
なにしろ相手は極上の人妻でしたから、こんなことが世の中にあっていいのかなとさえ思うほどの体験でした。

そもそも私はほとんど女性と話したこともないほどの口下手で、それまでの学校、職場環境に女性は少なく、いてもおばあちゃんみたいな人くらいでした。
そんな私でもメールが打てさえすれば知り合いになれる出会い系サイトは、夢のツールです。

途中サクラに騙されそうになったり、業者みたいな人がしつこくして来ることはありましたが、そんなのは本物の人妻さんに出会えたことを思えば、物の数ではありません。
とにかく私にとって出会い系サイトは、人生を大きく変えるほどの衝撃的体験をさせてくれたありえないくらい素晴らしいインターネットです。

素人童貞状態で知り合えたのが、同じ都内在住の人妻熟女さんでした。
先に書きましたように素人の女性とは話すらしたことのない状態で、素人の女性を目の前にしてしたいことはHしかありません。

それまでクラブの女性と話をしたり、触らせてもらったことはありましたが、素人の女性とH出来るシチュエーションで密会したのは生まれて初めてです。
それだけに会う前の日まではネットでいろいろ相談しました。
すると出会い系でいつも遊んでいる人から、会う直前にオナニーをした方がいいといわれました。

君の場合、一発抜いてから会うくらいがちょうどよく、ためた状態だといきなり襲い掛かることになりかねないから、とにかく抜いて少し冷静になりなさいと諭されたのです。
実際そのくらい私はいきり立っていたのだと思います。

言われた通りそうしました。

抜いてからいそいそと待ち合わせ場所の神田駅に向かいました。
神田にしたのは、人妻さんが中央線沿線にお住まいだからです。
銀座線利用の私にとっても途中下車で済む駅なので、落ち合うには便利なの場所なので二人で決めました。

駅南口で対面をしたのですが、スーツ姿の人妻熟女さんの色香にチンポはギンギンでした。
想像をはるかに超えていました。

神田はサラリーマンが多いせいか、居酒屋や焼き鳥屋の多い土地柄です。
駅から少し離れたビルの地下に、個室のある居酒屋があることを調べておきました。

いきなりラブホに行くより、個室で隠微なことをしてみたかったからです。

狙いは的中でした。

一見上品そうな人妻さんでしたが、飲むとすぐにエロ本性がむき出しになり出し、自分から嬌声を出しだす始末です。
注文した全品が届き、店員さんも来なくなったころには、ブラウスの上からおっぱいをまさぐり、スカートの中に手を入れてもまるで抵抗されませんでした。

いやらしいことを何でもさせてくれるのでした。
アダルトビデオで見てしてみたかったことをすべてやらせてもらった感じです。

会う直前に抜いているので暴発させることもなく、冷静にいやらしいことをし尽くすと、人妻さんの眼はうつろになっていました。
神田に適当なホテルはなく、またラブホだけは嫌だといわれていたので、浜松町に移動し、時間貸しの行われているコンチネンタルホテルに入りました。

このホテルの浴室には窓があります。
レインボーブリッジを眺めながら人妻さんと入ったお風呂の感触は、今も忘れられません。

低廉な利用料で素晴らしい体験をさせてくれたハッピーメールには感謝しかありません。

出会い系で30代の専業主婦と昼間に会ってきたった

image176

優良出会い系サイトといわれているワクワクメールを初めて使ってみました。

ワクワクメールは存続期間が長いだけのことはあり、会員数が半端なく多かったため、住まいから行動に出やすいエリア内に、十分なターゲットを見つけることが出来ました。

その中で食い付きがよかったのは、隣県となる千葉県にお住まいの34歳の主婦E子さんでした。

E子さんは二人の子供さんと旦那さん、それに姑と一緒に暮らす専業主婦ですが、旦那さんが成田空港に関連した業務をこなす会社を経営していることから、週に何度かは仕事を手伝い、私の住む都内に仕事で出て来ることもあると聞かされ、ああこれはチャンスだなと思い、時間をかけてじっくり相手をしている1人でした。

正直、なかなか会えないのでサクラかなと疑うこともありました。
ただ、サクラにしては愛想のないメールしか返って来なかったので、多少ポイントが無駄になってもいいやという乗りで、メールがあれば返信だけは必ずしておき、半年位してからだったでしょうか。

何か仕事に絡んで旦那と激しい意見対立があったとかで、いつになく荒れた感じのメールが来ました。
会ったこともないのに「あなたとやり直したい」とかわけの分からないことまで書かれていて、どういう風の吹き回しかなと思いながらも愚痴を聞いてあげていたら、今度都内に仕事で出るので会えないかとE子さんの方からお誘いでした。

E子さんの住まいは、千葉でも東京に近く東京都市川市と呼ばれることもある、近郊のベッドタウンです。
交通機関は総武線が便利だと聞いていたので、錦糸町で待ち合わせることにしました。

錦糸町は言わずと知れた東京下町の繁華街で、比較的ラブホも多いことで有名です。
話がまとまれば便利だと思い、嫌がられるかなと思いながらも錦糸町で提案するとすぐオッケーがもらえましたので、駅ビルのテルミナ1階にあるカフェの前で待ち合わせました。

時間より少し早く待ち合わせたカフェに入って、E子さんと思しき女性が現れるのを待ちました。

しばらくするとそれと分かる女性が、カフェの前で店内には背中を向けて立ち止まりました。
私はE子さんの後姿をカフェの中からしばらく凝視していました。そのすらりとしたプロポーションに勃起しました。

早くから店にいることを知られたくなかったので、カフェの裏口から駅ビルの通路に出て、改めて駅からカフェにまっすぐ向かい、E子さんに挨拶をしました。
メールのつっけんどんな感じから想像も付かないほど穏やかで、どちらかといえばおとなしそうな女性でした。

もう半年もメールをして話すことは尽くされていましたので、改めて自己紹介も要らない感じでしたから、店には入らず楽天地に向かいました。
ラブホの前で手を握ると、E子さんも握り返してきました。